« 沖縄栗国(あぐに)島料理をつまみに飲む | トップページ | ジモトの顔ともいうべきケーキ屋さん »

2007年6月30日 (土)

鎌倉パスタ、センター南にオープン

デビルンのレポートです。

C001_25 別にオイラはパスタ好きってわけじゃないんだけど、エンジェーヌと出かける用事があったので、めしを食おうと手ごろな店を探してたとき、発見したのが『生麺工房鎌倉パスタ センター南店』だ。
元は違う店が入ってたが、いつの間にか新しい店がオープンしていた。しかも結構並んでいた。
こいつは味がいけるのかも?とすかさず並ぶ。
店内が広いのと昼時が終わっていたからか、ほとんど待たずに入れた。

C002_22 店は濃いオレンジを基調としたテーブル席中心の店で、休日だからかファミリーが多い。
この店、別に鎌倉とは何の縁もゆかりもなく、箸で食べるパスタのイメージを考えたとき、鎌倉という名前がぴったりということになり、そうなったようだ。

デュラムセモリナ粉(本場イタリアではデュラムセモリナ粉100%のものがパスタであるという法律があるほどのものらしい)100%で作る生パスタは1日熟成して客に出しているというこだわりよう。C003_16
オイラはベーコンのペペロンチーノ924円、エンジェーヌは春メニューの竹の子とささみのパスタ1239円をチョイス。
メニューはシーズナルのものや定番物など合わせるとかなりの数のメニューがあり、各パスタのソースと絡めておいしく食べられる鎌倉バジルロール158円や各種スープ、サラダ、和風のデザートやドリンクも組み合わせできるようになっている。おやじにうれしいアルコールもある。

そんなこんなしてるうちにパスタが湯気をあげて運ばれてきた。
どっちも麺がもちもちしていて、各ソースに合う。量もたっぷりで腹いっぱいになった。
この店の一番の自慢はカルボナーラだそうで、麺とソースが一番うまい具合に合うのだそうだ。今度は熟成厚切りベーコンのカルボナーラ 鎌倉風1134円を食べてみたい。

最後にアンケートに答えると、お得なハガキが送られてくるようだ。
この辺がサンマルクグループって感じがしたな(笑)

生麺工房 鎌倉パスタ センター南店
横浜市都筑区茅ヶ崎中央6-2
電話:045-949-1024
営業時間:11:00~22:00(オ-ダ-ストップ21:30)

生麺工房 鎌倉パスタ センター南店

|

« 沖縄栗国(あぐに)島料理をつまみに飲む | トップページ | ジモトの顔ともいうべきケーキ屋さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/15602498

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉パスタ、センター南にオープン:

« 沖縄栗国(あぐに)島料理をつまみに飲む | トップページ | ジモトの顔ともいうべきケーキ屋さん »