« ららぽーとその5 思わずにっこりしてしまうパンケーキ | トップページ | 仲町台に新しいパティスリー&ダイニング登場 »

2007年6月20日 (水)

神奈川初進出の長田本庄軒でぼっかけそばを食べる

デビルンのレポートです。

Img001_4 ※閉店しました!
晩飯に何か食おうとウロウロしてたところ、ふとノースポートモール
行ってみた。
そういえば、ここのフードコートには神奈川初の『長田本庄軒』のぼっかけそばがあるのを思い出し、食べに行くことにした。
『長田本庄軒』はその名の通り神戸の長田地区で発祥した有名な焼きそばで中太麺とじっくりとろとろになるまで煮込んだ牛スジこんにゃくを入れたものだ。中々の人気で関西に行ったらわざわざ食べに行く人もいると聞く。それは一度経験しておかないとと思ったんだ。

フードコートの一画にある店は鉄板が前面にあり、コテでいい音を立てて、店のスタッフが焼きそばを焼いている。
ノースモートポールも開店当初はかなりの人出だったようだが、平日の夜遅くもなると割とすいていて助かる。しかし『長田本庄軒』はやはり人気のようで列ができていた。
閉店間際でオイラで最後。ギリギリセーフ。

Img002_3 メニューは自慢のぼっかけ焼きそば並450円ととろとろの玉子が入っているぼっかけとろ玉焼きそば並500円ぼっかけオムそば並580円焼きそばモダン並550円海鮮塩焼きそば650円などがある。
オイラは腹が減っていたのでぼっかけオムそばの大盛(1.5玉)680円を注文した。
大盛(1.5玉)は100円増し特盛(2.0)は200円増しのようだ。
手際よくスタッフがやきそばを炒め、玉子にくるんで出してくれる。
ソースが濃厚で見た目しつこそうに見えるが、割とあっさりといただける。しかも鉄板で焼きたてを出してくれるからアツアツを食えてさらにウマイ。
オムライスの皮のような玉子と食べるのも味をやわらかくしているのかもしれない。とろ玉焼きそばはそのまんまの玉子が入っているので、そちらとは少し感じが違うと思う。今度はそっちも試してみたい。
これは値段もそこそこでかなりおいしい焼きそばだった。

『長田本庄軒』
横浜市都筑区中川中央一丁目25番地1号
電話:045-911-5039
営業時間:10:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:ノースポートモールの定休日

|

« ららぽーとその5 思わずにっこりしてしまうパンケーキ | トップページ | 仲町台に新しいパティスリー&ダイニング登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/15501120

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川初進出の長田本庄軒でぼっかけそばを食べる :

« ららぽーとその5 思わずにっこりしてしまうパンケーキ | トップページ | 仲町台に新しいパティスリー&ダイニング登場 »