« 鎌倉パスタ、センター南にオープン | トップページ | 静かに時の流れを感じられる“coffee room R” »

2007年7月 2日 (月)

ジモトの顔ともいうべきケーキ屋さん

ぷりんせすのレポートです。

閉店しました!
D001_36 北山田の有名店『PATISSERIE La butte boisee(ラ・ビュット・ボワゼ)』
さん。
世田谷区奥沢にある素敵な日本家屋をアレンジされたフレンチのレストラン。そのデザートのお店として、2003年にオープンされてから、ジモトマダム御用達のお店として、確固たる地位を築かれていますわ。
赤い木枠のナチュラルな看板はこの辺りで知らない人はいないことでしょう。テラコッタの寄せ植えがおかれたエントランスもとても素敵ですの。

重厚な木の両開きのドアを開いたら、奥がガラス張りの厨房になっていて、パティシエさんたちが毎日素敵なケーキを作られている様子が伺えます。
手前にはL字型のショーウィンドウがあり、壁際にはケーキに使われる果実の洋酒漬けと一緒に焼き菓子などが綺麗にディスプレイされて並んでいます。
ケーキの種類も豊富な上、さすがと唸らせるような作りこんだケーキがたくさんあり、入れば迷うこと必至ですわ。かくいう私もいつも迷ってしまいますの。
D002_29 今回はミルフィーユ370円、デュオ360円、シュークリーム210円、蒸し焼きシュコラ220円を選びました。
ミルフィーユはさくさく感が命。こちらのはフォークを入れるとさくっと割れてクリームと一緒に食べると思わず微笑んでしまうおいしさ。中に挟まれたパイ生地はしっとりしているのでまた違うおいしさがあります。
デュオは牛柄のようなケーキでミルクチョコレートとホワイトチョコが混ざっていて、中は三層になったクリーム生地がそれぞれ違うおいしさです。
そして少し大きめのざっくり感があるシュークリームは食べ応えがあり、蒸し焼きショコラはトリュフのような外側と蒸したチョコレートのしっとり感が大人のケーキでした。

こちらのケーキは、オープン当初に比べて港北ニュータウンのあちこちにできたケーキ屋さんと比べても、もうジモトの顔ともいうべき老舗感があり、安心して贈答品としても贈る事ができますわ。
今後グリーンラインの開通を控え益々人気になりそうです。

PATISSERIE La butte boisee(ラ・ビュット・ボワゼ) 都筑
横浜市都筑区北山田2-5-7
電話:045-590-3205
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日

ラ・ビュット・ボワゼ 都筑

|

« 鎌倉パスタ、センター南にオープン | トップページ | 静かに時の流れを感じられる“coffee room R” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/15627154

この記事へのトラックバック一覧です: ジモトの顔ともいうべきケーキ屋さん:

« 鎌倉パスタ、センター南にオープン | トップページ | 静かに時の流れを感じられる“coffee room R” »