« 昔ながらの割烹料理屋で昼定食を食う | トップページ | 気軽にフランス料理がいただける「アン・ジャンヴィエ」 »

2007年9月20日 (木)

ららぽーとその8 京都宇治田原発、和なカフェでほっこり和む

エンジェーヌのレポートです。

I001 すっかり私達の大事なショッピングモールとなった感のある「ららぽーと横浜」ですが、関西発のデパ地下のような大丸フードマーケットが入っていることもあるのか、和のスウィーツが結構楽しめるんですよね。
「ずんだ茶寮」も然り・・。
静岡が近いので、「茶都」のスイーツもそうだし。
その中で独立したカフェとして営業されているのがこちら『茶カフェ 上辻園』です。
一目でそれとわかる和風な外観に、歴史のありそうな看板。いかにも
和菓子がおいしそう!と思ってしまいます。
最初は看板を見て宇治発のものと思っていたのだけど、一緒に同行した京都の友人に言わせると正確には宇治市にある茶園ではなく、宇治田原町というお茶畑で有名な、宇治にほど近い町にある茶園とのコラボのカフェなんだそう。
何にしてもこの辺りで取れるお茶は宇治茶と総称されているんでしょうね。

I002 このカフェは宇治茶のスウィーツと京野菜を使ったヘルシーなお食事が出されているお店。
湯葉と九条ねぎの鴨なんばそば880円などの食事メニューもおいしそう。
お店の前にある大きなショーウィンドーのディスプレイの見本だけでもどれにしようか悩んじゃう!
宇治茶が有名と知りながらもついつい、特選祇園 黒パフェ「黒豆黒糖白玉パフェ」に惹かれ、そのセットにしてしまいました(単品780円セット980円)。お茶はほうじ茶(温・冷)と煎茶(温・冷)が選べたので、ほうじ茶を選びました。
友人は京の極み 宇治の茶パフェ「抹茶わらびもちパフェ」980円の方を煎茶でセットにしていました。I003
白い蓋付きの磁器に入れられたお茶と一緒に、お盆に乗せられ出てきたパフェは、大きすぎず、小さすぎずのパフェだけど、あんこのせいか結構ボリュームあり
白玉はふわふわ、ごまのアイスが香ばしくてとってもおいしい。
黒胡麻の入ったクッキーが乗せられていて、それもサクサクっとしてておいしかったです。
友人のは抹茶がふんだんにかけられたわらびもちに抹茶アイス、ごまののっていないサクサククッキーが乗せてありました。
抹茶はやはり濃厚さが命なのですが、ここのは濃いお味でおいしかったみたいですよ。
今度はこっちを食べてみようっと。

茶カフェ 上辻園
横浜市都筑区池辺町4035-1ららぽーと横浜内3F
電話:045-414-2401
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)

ららぽーと横浜TOHOシネマズ

|

« 昔ながらの割烹料理屋で昼定食を食う | トップページ | 気軽にフランス料理がいただける「アン・ジャンヴィエ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/16514427

この記事へのトラックバック一覧です: ららぽーとその8 京都宇治田原発、和なカフェでほっこり和む:

« 昔ながらの割烹料理屋で昼定食を食う | トップページ | 気軽にフランス料理がいただける「アン・ジャンヴィエ」 »