« ららぽーとその7 渋谷発おいしい卵のオムライスを食べる | トップページ | ららぽーとその8 京都宇治田原発、和なカフェでほっこり和む »

2007年9月18日 (火)

昔ながらの割烹料理屋で昼定食を食う

デビルンのレポートです。

F001 荏田南近隣センター商店街、通称えだきんにある『庄太郎』
かわら屋根に暖簾がある、昔ながらの店構えがなんともいい雰囲気の20年以上続いている割烹料理屋だ。
活魚、天ぷらなどが自慢のこの店がお昼はかなりの低料金でうまい定食が食えるという話なので、さっそく同僚と行ってみた。

中に入ってみると、本当に昔よくあった寿司やか小料理屋かという雰囲気で、長いL字型のカウンターの中にはこだわりのありそうな主人がでんと構えている。こういう雰囲気や主人ってヤローにはかなり安心感があるんだよね。
F002 カウンターのほかにも広い座敷の席があり、中々くつろげる。
平日でもサラリーマンにグループなどで一杯だった。
昼メニューの種類も結構豊富で、煮込みうどん600円しかも半ライス、漬物付き。天丼セット850円小天丼~エビ・魚・野菜~わかめうどん(冷・温)・漬物付き、手打ちうどん(ザル)550円など。
F003 定食や膳には漬物と吸い物付きで、ひれかつ定食小鉢付き990円や昼膳1250円、煮物膳1250円など、高いもので1250円というお得さ。
食後のコーヒーは100円でサービスされている。
オイラは昼膳を頼んだ。天ぷらと山かけに小鉢が付いている。
連れは焼き物膳1250円。こちらは西京焼に刺身・茶碗蒸しも付いていた。

ごはんもまあまあの量だし、天ぷらの上がり具合や刺身の鮮度も申し分ない。
連れの西京焼きや茶碗蒸しもうまそうだった。
ウナギもお薦めだそうだが、ここは本当に意外な穴場でこれからまた利用したいと思う。

庄太郎
横浜市都筑区荏田南5-8-15
電話番号:045-941-6263
営業時間:
11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
17:00~23:00(LO22:00)
定休日:水曜日、日祝は夜のみ営業

割烹 庄太郎

|

« ららぽーとその7 渋谷発おいしい卵のオムライスを食べる | トップページ | ららぽーとその8 京都宇治田原発、和なカフェでほっこり和む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/16484759

この記事へのトラックバック一覧です: 昔ながらの割烹料理屋で昼定食を食う:

« ららぽーとその7 渋谷発おいしい卵のオムライスを食べる | トップページ | ららぽーとその8 京都宇治田原発、和なカフェでほっこり和む »