« センターKITAパークイルミネーションセンター北クリスマスコンサート2007開催 | トップページ | 充電完了!クロッシーズカフェ再開!! »

2007年12月22日 (土)

ナポリピッツァを日本に広めたグランシェフの店でピザを食う

デビルンのレポートです。

A001 ナポリ生まれのサルヴァトーレ・クオモってヤツが日本にナポリピッツァを広げたって皆知ってたか?オイラは知らなかったぜ。
その人が開いた『PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツァサルヴァトーレ・クオモ)』はその本格的なナポリピザが食える店だ。その店が少し前にこのつづき村のセンター南にオープンした。デリバリーとイートインがある店だ。

ナポリピッツァはイタリアの窯職人が作ったピッツァ窯の中で焼き上げる、
薄生地なのにもちもちで、薪のかおりが香ばしいものらしい。
なるほど店の中には大きな赤い窯があった。
普通の宅配ピザとは一味違いそうだ。

オイラは連れと夜にディナーに来てみた。
ガラス張りの店内は明るく、赤と黒と白を使った大人の空間という感じだ。
デートなどに使えそうな様子で洗練されていた。
メニューは多彩でピッツァ(SサイズとMサイズ有)のみならず、パスタやリゾット、前菜、肉料理にドルチェまで一通り。
ワイン(グラス¥380、ボトル¥1500~)などのアルコールも各種取り揃えてあった。

A002 オイラたちは車だったのでアルコールは飲まず、ピザを二枚、パスタを一皿頼んでみた。
基本中の基本マルゲリータをMサイズ1800円で、ジューシーな自家製サルヴァトーレソーセージとブロッコリーの冬の定番お薦めピッツァ
サルシッチャのSサイズ1600円、更に豚肉類とトマトをピリ辛に和えたお肉屋さんのスパゲティ1200円というパスタを頼んだ。

A003 スタッフが生地を薄く薄く延ばし、更に具をその場で載せていく。
ちりとりに長い柄をつけたようなものでピザを窯の奥に入れていた。
待つこと数分
アツアツのピッツァが席に運ばれてきた。Mサイズ、デカッ!Sでもかなりの大きさだ。
薄い生地が外側パリパリになり、中は柔らかい生地で具と絡み合ってかなりウマイ
二種類とも違う味で飽きることなくぺろりと平らげられた。
パスタはピリ辛でボロネーゼ風だけど、肉がゴロゴロしていてうまかった。
デリバリーがメインのようで、舐めていたがここはかなり本格的にうまいと思う。

ランチは平日限定で1000円前後でピザやパスタやドリンクなどを組み合わせて食べられるプレートランチがあって、かなり人気だそうだ。
こいつはぜひ食いに行かないとと思ったぜ。
デリバリーはHPから予約もできるみたいだ。

PIZZA SALVATORE CUOMO
(ピッツァサルヴァトーレ・クオモ) センター南店

横浜市都筑区茅ヶ崎中央2-1 オズマークスセンター南1F
電話:045-948-4065
デリバリー専用電話:045-948-4071
ランチ11:00~15:00 (14:30ラストオーダー)
ディナー : 17:00-23:00 (22:30ラストオーダー)
※土日祝のみ通し営業

PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツァサルヴァトーレ・クオモ) センター南店

|

« センターKITAパークイルミネーションセンター北クリスマスコンサート2007開催 | トップページ | 充電完了!クロッシーズカフェ再開!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/17448714

この記事へのトラックバック一覧です: ナポリピッツァを日本に広めたグランシェフの店でピザを食う:

« センターKITAパークイルミネーションセンター北クリスマスコンサート2007開催 | トップページ | 充電完了!クロッシーズカフェ再開!! »