« 第12回都筑区民文化祭今年も開催! | トップページ | 開館13周年記念『横浜市歴史博物館感謝デー』開催 »

2008年1月20日 (日)

おしゃれなラーメン屋現る!

デビルンのレポートです。

A001閉店しました!
センター南のPCデポの前の道を中原街道に向かって行くとある茅ケ崎小学校の丁度手前にえらく綺麗なラーメン屋が6月末にオープンしたのを知ってるか?センター南からは歩くと14分位かかる。

『ラーメン厨房 えん』は店は広いし、こざっぱりとした内装でとてもラーメン屋とは思えない雰囲気のラーメン屋だ。
壁紙はパステルカラーで観葉植物も置かれていて、カウンターとテーブル席もあり間隔も広々としていて落ち着ける。
メニューもラーメンだけにあらず、飯ものも充実しているし、餃子だけだなく、ヤサイ炒めやマーボー豆腐まである中華屋の雰囲気だ。

A002 連れと一緒に定番のラーメン550円と人気№1と書かれていたミソラーメン750円、ギョーザ550円を注文してみた。
待っている間は入口の壁面にたくさんある雑誌や新聞、まんがなどを見ていられる。この辺りの女性客の多さを意識してかの雑誌のラインナップだった。

まずギョーザがやってきた。
皮はしっかりと硬く、かじるとカリっとしていて香ばしい。これは中々いける。
さらにラーメンミソラーメンがやってきて驚いたのは鉢の大きさ。大きな鉢にたっぷりとスープが入っている。
思わず替え玉をしようかと思ったけど、この店のメニューに替え玉はない。
これにも少し驚いた。
ラーメン屋には普通替え玉があるものなので、この店のメニューからして
考えても、たぶんここはラーメン屋というより、ラーメンのある中華食堂というスタンスなのか??

A003 麺は中細の縮れ多加水麺、ラーメンの方のスープは鶏ガラベースの中華スープでさっぱりといただける。具はなるととのりとわかめとネギとチャーシュー。
このチャーシューかなり厚めのチャーシューで普通スープにかなり絡む柔らかいチャーシューだが、ここのは単独のチャーシューという感じ。しっかりとした歯ごたえ。
ミソラーメンの方は野菜がとにかく多く、炒められた直後に乗せられてくるので熱くて中々進まない。かなりヘルシーなラーメンだ。ミソのスープは割とあっさりと飲める。
麺の量もスープも結構多いから、最後スープに絡みすぎて麺が柔らかくなってしまうのが難かも。余計なお世話かもしれないが、鉢を今より一回り小さくして安くし、替え玉を作ったらいいんじゃないか?
まあ値段の割りには量も多く、ヤロウの腹ごしらえにはもってこいかもしれない。
テーブルも多くて、広いから家族にもいいし、綺麗だから女性にもいいかもな。

ラーメン厨房 えん
横浜市都筑区茅ヶ崎東3-6-27
電話:045-942-2777
営業時間:
平日11:00~14:00、17:0~21:00 
土日祝:11:00~15:00、17:00~21:00

ラーメン厨房えん

|

« 第12回都筑区民文化祭今年も開催! | トップページ | 開館13周年記念『横浜市歴史博物館感謝デー』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/17768234

この記事へのトラックバック一覧です: おしゃれなラーメン屋現る!:

« 第12回都筑区民文化祭今年も開催! | トップページ | 開館13周年記念『横浜市歴史博物館感謝デー』開催 »