« 『開幕ダッシュ!横浜熱闘フェスタ2009』開催 | トップページ | 『チルコロウィーク2009春』2/18(水)から開催 »

2009年2月16日 (月)

工場直売で更においしい『亀屋万年堂 横浜工場売店』

セバスチャンのレポートです。

001_2

『亀屋万年堂』さんといえば「ナボナ」。ブッセの一種で、ソフトカステラにクリームが挟まれている和菓子風の洋菓子で、元巨人軍の王選手がCMに起用され「ナボナはお菓子のホームラン王です!」と、いうセリフと共に一躍有名になりましたよね。
1938年創業で本店は自由が丘にあり、ナボナ以外でも、多彩な和菓子が手軽でおいしい東京土産としても人気を博していらっしゃいます。ハイ。

その『亀屋万年堂』主力工場がわがつづき村(都筑区)にあるのをご存知でしょうか?
センター北の交差点の角にある店舗が有名ですが、この工場売店はその名の通り『亀屋万年堂』のすぐ前に店舗を構えていらっしゃいますので、工場で出来たてのお菓子がすぐに店舗に並ぶという、新鮮さではバツグンというお店になりますね。
よく感謝祭なども行われたりしていて、お得なお値段でお菓子を買えたりもしますです。ハイ。

002_2 先日は「季節限定ナボナ5個入り」「栗むし羊羹」、大好きなあずきで求肥を巻いた「招福餅」を購入してきました。
お茶のコーナーではお茶やコーヒーをいただきながら、新商品の試食までできて、すっかり長居してしまったほど。はまどらという横濱生まれの「生どらやき」のブルーベリークリームを試食させていただきました。
店員さんもとても気さくで和菓子の相談にも乗ってくださいます。ハイ。
都筑区誕生を記念して都筑区の名産品を作るべく、1995年(平成7年)区の主催のお菓子コンテストで優秀賞に選ばれた作品「竹の子サブレ」は、工場横の直売店とセンター北店でしか買えないつづき村(都筑区)の名産品だそうで、こちらも今度購入してみたいと思っています。

ナボナは季節の味が登場するのですが、この五個セットは定番のチーズ、パイン、チョコに加え、マロン、ラズベリーが入っており、ラズベリーが甘酸っぱいさっぱりした甘さで中々いいお味でございましたよ。
秋は和菓子の美味しい季節。ご贈答用にも、又ご自宅用でも、この工場売店で購入されてみてはいかがでしょうか?

亀屋万年堂 横浜工場売店
横浜市都筑区折本町470
電話:045-473-0095
営業時間:9:00~19:00
定休日:元日のみ

亀屋万年堂 横浜工場

|

« 『開幕ダッシュ!横浜熱闘フェスタ2009』開催 | トップページ | 『チルコロウィーク2009春』2/18(水)から開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/44082864

この記事へのトラックバック一覧です: 工場直売で更においしい『亀屋万年堂 横浜工場売店』:

« 『開幕ダッシュ!横浜熱闘フェスタ2009』開催 | トップページ | 『チルコロウィーク2009春』2/18(水)から開催 »