« 2009年ゴールデンウィークイベント情報 | トップページ | この値段でこのボリューム!『紅矢(ベニヤ)』でステーキを食べる »

2009年4月25日 (土)

横浜、150年目の大博覧会『開国博』内覧会に行ってきました!

エンジェーヌのレポートです。

01横浜開港150周年を記念して行われる『開国博Y150』がいよいよ4月28日(火)に開幕します。
ジモトの大きなイベントなので楽しみにされている方も多い事かと思いますが、この度ジモト在住の方の為の内覧会が行われ、エンジェーヌは一足お先に中に入って来ました!
ベイサイドの会場のみでしたが、簡単に紹介しますね!

02_2まずは「Y150はじまりの森」の入場券売り場で内覧会用チケットに引き換え。
チケットもちゃんとしたバーコード付きの立派なものでした。
「Y150はじまりの森」は開門すぐで混んでいる様子だったので、エンジェーヌたちは「NISSAN Y150ドリームフロント&スーパーハイビジョンシアター」に向かいました。会場は「Y150はじまりの森」から歩いて数分のところにあります。

03大きな建物の中は4つに仕切られていて、まずはウェイティングスペースとグッズ売り場
そこで並んでハイビジョンシアターに入るのを待ちます。かなり広いスペースだけど、開幕したらすごい行列になるんでしょうね。



04しばらく待つと隣のハイビジョンシアターに案内されました。こちらは柵で区切られているスタンディングタイプのシアターです。定員は300人です。
大きなハイビジョンは6.7メートル×12メートルの540インチ。なんと約50畳もあるそうです。
上映時間は10分でこの日のプログラムは「gift」という日本各地の四季折々の映像でした。
中でもねぶた祭りの映像はかなりの迫力で驚きました!開幕したら自然や宇宙のプログラムも流されるようですよ。

0506














映像が終わったら隣のPIVO LAB.(ピポ・ラボ)に入ります。
ダンボールで作られたオシャレなエコチェアに座って近未来のエコカーであるPIVO2を中心に
地球環境について映像で学びます。

07PIVOカーは電気自動車なんだけど、ユーモラスな形をしていてしかもコンパクト。
充電して動くそうで近未来にこんな車がたくさん街を走るのかしら?と想像してしまいました。


0809








こちらが終われば、最後のお部屋バルーンが天井を埋め尽くすコトバパークへ。
思いやり、やエコ活動で自分ができそうなことを葉っぱの紙に書いて
筒から入れるとあら不思議。天井の大きなバルーンに葉っぱの花吹雪が舞います。
そして発電を学べるバルーンもありました。
足をばたばたさせると中の電気がつくのです。かなりの重労働だけど、
これで電気の大切さが良くわかるんじゃないかな?

「NISSAN Y150ドリームフロント&スーパーハイビジョンシアター」が終わると、次は「Y150はじまりの森」に戻りました。機械のゲートでチケットを係りの人がバーコードに読ませると入場できます。
こちらの会場はいくつかの建物とショップがあり、メイン会場になります。

10_211_2








このイベントの趣旨がよくわかる【横浜ものがたり】では開国・開港の様子が絵や展示物、図解でよくわかるようになっています。

1213









15_221













ペリーを実際に迎えた部屋の再現はもてなしされたとされるお料理まで並び、中々おもしろかったです。
そのほかには大型映像シアターで横浜開港物語を上映。これぞ開国博!といった建物でした。

1418








色々と体験できる工夫もされていて、クイズ形式になっていたり、実際に触ると
音が出たりするので、お子さんは楽しく学べるかも。

1920








23その横の大きな建物は黒船レストランとなります。
エンジェーヌはここで黒船ソフト300円を食べましたよ。バニラとのミックスもあり、見本があまりにも黒かったので心配しましたが、実際はグレー。味は黒糖のようでした。
このレストランでは中華街のお店のお料理が食べられたり、
開港にちなんだ名前の付けられたカツカレー、ナポリタンなどが食べられます。

レストランの横はお土産が買えるたねまるショップとなっていて、
新キャラクラーである「ペリー・テイト」くんという黒船をモチーフにした
キャラクターの商品は会場のほかのお店では置いていないのでここでしか買えないレアグッズとなるそうです。
なかなかキリっとした目のかわいらしいキャラでしたよ。

2425








2627








そしてその前はこの会場の目玉巨大スペクタクルアート【ENEOS La Machine】があります。
約12メートルもの巨大クモのオブジェでかなり複雑な動きをするそうです。
見た目はかなりグロテスク!1日に5回程度パフォーマンスをするそうなので楽しみですね。

28ENEOS未来のエネルギー館ではガソリンや軽油などのエネルギーについて詳しく学ぶことができます。
実験シアターもあり直接インストラクターの方から学ぶこともできます。





29エンジェーヌがこのパビリオンで釘付けになったのが、メジャーリーガーイチロー選手のほぼ等身大の映像です。
ちゃんとイチロー選手の大きさをかたどったものに本当にそこにいるかのように映像が映し出されていて、びっくりしました。
一緒に写真をどうぞーって言われましたが、ちょっと恥ずかしいので、
イチロー選手だけパチリ撮ってみました!







35こちらのパビリオンの前にたねまるくんのマスコットがいたので、かわいくポーズしてるところを
パチリ!
一緒に撮る人たちの列ができていました。たねまるくん大人気。










30「はじまりの森」
を出ると目の前が赤レンガ倉庫になり、その横には「赤レンガ会場」があります。
公式記念品ショップ開国・開港の街というバザールゾーンがありました。
開国・開港にゆかりのあるアメリカ、オランダ、ロシア、イギリス、フランスの5カ国の【ワールドマーケット】
【ワールドグルメ】があります。


3132














3334








エンジェーヌはここで腹ごしらえしました。各国料理に韓国料理もありましたが、ロシア料理のビーフストロガノフ900円を選びました。同行のデビルンはアメリカステーキ丼1000円を食べました。
こちらは黒船レストランと違って券売機でチケットを購入してカウンターにお願いするシステム。
ビーフストロガノフはハヤシライスのような味でしたが、ボリュームたっぷりでした。福神漬けもついていました。
デビルンの方のステーキ丼はちょっと小ぶりでしたが、ごはんの量が多かったみたいです。

36さて腹ごしらえもしていよいよ最後の会場「Y150トゥモローパーク」に来ました。
。こちらは未来シアター【BATON(バトン)】が上映されています。
岩井俊二監督プロデュースSFファンタジーアニメで、3部作だそうで、時期によって見られるストーリーが違います。
今回は4/28~5/30まで上映される第一章「密航者」のストーリー。
近未来「惑星アベル」を舞台にした絆をテーマにしたお話なんだそうですが、正直なところ第一章だけでは話がよくわかりません(笑)。
お話はともかく、俳優の動きをアニメ化したようで、動きそのものはすごく精密。
声優さんも市原隼人さんや上戸彩さんを始め豪華な方々を揃えられているのですが、それだけに、ストーリーが全部見られないのが残念。
ちなみに第二章「アポロとミカル」5/31~7/10第三章「サイファ」7/11~9/27までになります。
全部見たい人は、上映期間を見て、3回会場に見に行ってみてください!

37トゥモローパークステージでは毎日多彩なイベントが行われる予定。
この日はたねまるくんのステージが行われていました。

この会場はスリーエフのコンビニエンスストアが中に入っている珍しい会場です。ちょっと小腹が空いたりしたら便利に使えそう。


38そして、この会場で一番目を引くのがなぞの大きな白い球体
これはアースバルーンと言って、横浜港の夜空に地球を映し出すためのバルーンなんです。
残念ながら夜までいなかったので映像はないのですが、毎日19:25~から4回ほど光と音と映像のダイナミックな地球環境物語「HOME=地球」が上映されます。
監修は宇宙飛行士の向井千秋氏だそうなので、まさに宇宙からみた地球なのでしょうね。

という感じで、急ぎ足で内覧してまいりましたが、行かれる方は会場間の距離が結構あるので、歩きやすい靴、動きやすい服装で行ってくださいね。
夜は夜間入場券というお得なチケットも発売されるので綺麗なライトアップアースバルーンを見たい方はこれを利用するのも手ですね。
7月にはズーラシアのヒルサイドエリア会場もオープンする予定なのでますます『開国博Y150』が盛り上がってくることでしょう。

『開国博Y150』
☆ベイサイドエリア
会期:2009年4月28日(火)~2009年9月27日(日)10:00~22:00※一部会場を除く
横浜・赤レンガ倉庫周辺
(交通)
みなとみらい線「馬車道」または「日本大通り」駅から徒歩5分
または「みなとみらい」駅から徒歩10分

☆マザーポートエリア
会期:2009年の年間を通じて展開
横浜駅~山下・山手地区
(交通)
みなとみらい線「横浜」~「元町」・「中華街」間各駅下車
JR「横浜」~「石川町」駅間各駅下車
市営地下鉄「横浜」~「伊勢佐木長者町」駅下車
京急線「横浜」~日ノ出町」間各駅下車

☆ヒルサイドエリア
会期:2009年7月4日(土)~9月27日(日)9:30~17:30
※ただし8月の毎週土日および9月19日~27日の9日間は9:30~20:30
(交通)
相鉄線「鶴ヶ峰」またはJR「中山」駅から会場直行シャトルバスで約15分
(ご乗車の際はベイサイド入場券を提示のこと)
もしくは相鉄線「鶴ヶ峰」駅「三ツ境」駅またはJR・市営地下鉄「中山」駅から「よこはま動物園行」路線バスで約15分

◎入場券
・ベイサイド普通入場券前売券(4/27(月)まで発売)
大人2200円、高校生1100円、小中学生700円、65歳以上1700円
販売:旅行会社、鉄道会社、コンビニエンスストア、区役所などで取り扱い中。

・ベイサイド普通入場券
大人2400円、高校生1200円、小中学生800円、65歳以上1900円
※ベイサイドエリア有料会場で1日入退場自由
・ベイサイド全期間入場券
大人10000円、高校生5000円、小中学生3300円、65歳以上8000円
※写真貼付本人に限り期間中有効で入退場自由
・ベイサイド夜間入場券(18:00~入場可能)
大人1200円、高校生600円、小中学生400円、65歳以上1000円

・ヒルサイド入場券
大人600円、高校生300円、小中学生200円、65歳以上500円
・ヒルサイドセット入場券(ズーラシアとのセット券)
大人980円、高校生490円、小中学生310円、65歳以上880円
販売:ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクスの各コンビニエンスストア

問合せ:Y150コールセンター(電話:045-414-0103)

|

« 2009年ゴールデンウィークイベント情報 | トップページ | この値段でこのボリューム!『紅矢(ベニヤ)』でステーキを食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/44766469

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜、150年目の大博覧会『開国博』内覧会に行ってきました!:

« 2009年ゴールデンウィークイベント情報 | トップページ | この値段でこのボリューム!『紅矢(ベニヤ)』でステーキを食べる »