« 『第28回横浜開港祭』開催 | トップページ | 『都筑オーケストラ』第15回定期演奏会開催 »

2009年5月29日 (金)

『ピアット・デルジョルノ』にてあつあつパスタランチを食べる

かんがーままのレポートです。

C001

仲町台で隠れた人気を誇る『ピアット・デルジョルノ』さん。
スーパー文化堂さんのある通りをずっと公園にむかって歩いて行ったビルの2階にある、この辺りでは有名な地中海料理のお店です。
ランチ時はお客様が多くて、すぐに入れない事もしばしば。だからままは開店同時に行くか、ランチの喧騒が過ぎた1時30分前にのんびりと行くようにしています。

ランチは魚料理、肉料理をメインにしたパンかライス付きランチとパスタのビアンコかロッソ(パン付き)。この4種類が1100円。サーロインステーキパンかライス付き1400円。ハンバーグステーキパンかライス付き1200円。C002
ピザ1100円。パエリア(魚貝類かチキン&キノコ)1300円があり、どれもサラダ・ドリンクがセットになっています。
ドリンクはコーヒー、紅茶、ジンジャーエール、コーラの中から。
追加100円でオレンジ、グレープフルーツ、ぶどうジュースに変更できます。
ドリンクのお替りは100円。ライスの大盛りも100円。パスタの大盛りは200円プラスになります。

ここに来たらほとんどままはパスタを注文するの。とてもあつあつで具沢山でおいしいんですもの。
この日の肉料理は豚ロースの香草パン粉焼きフォン・ド・ボーソース。魚がホタテのベーコン焼き二色ソース小エビ添え
ビアンコがチョリソー、小ヤリイカ、ブロッコリー、フレッシュトマトのコンソメ味。ロッソがベーコンといろいろキノコのトマトソースでした。
ままは魚介が食べたかったのでビアンコにしました。

C003 このお店はサラダも結構ちゃんとした量で出していただけます。
中にローストビーフのようなお肉の細切れが入っているのもおいしいんですよね。そしてフランスパンもついていて、これが普通につなぎに食べるのに丁度いいんですよ。
バターをつけて食べながら待っていると、茹で上げすぐのあつあつパスタが運ばれてきます。
この湯気だけでノックアウトになりそうな感じです。
いつも思うんですけれど、量も具もたっぷりなのはもちろんなのですが、湯で加減がとてもいいんですよね。それぞれのお客様にきちんとした湯で加減で出してくださるので一番美味しい状態で食べられるんですもの。家では中々出きない技ですよね。
あつあつすぎてすぐに食べられないのが難ですが・・・。
ふうふういいながら食べ終わる前にいいタイミングでドリンクが運ばれてきました。コーヒーは割りとあっさり目のお味でさらっといただけます。
食後の一服はとてもありがたいです。
とにかく思い出したら再訪してしまうお店です。

地中海レストラン Piatto del Giorno(ピアット・デルジョルノ)
横浜市都筑区仲町台1-31-6 2F
電話:045-945-1424
営業時間:11:30~14:30、17:00~22:30(ラストオーダー21:30)
※日によって若干ランチの終了時間に変更のある場合があります
定休日:水曜日

地中海レストラン Piatto del Giorno(ピアット・デルジョルノ)

|

« 『第28回横浜開港祭』開催 | トップページ | 『都筑オーケストラ』第15回定期演奏会開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/45165838

この記事へのトラックバック一覧です: 『ピアット・デルジョルノ』にてあつあつパスタランチを食べる:

« 『第28回横浜開港祭』開催 | トップページ | 『都筑オーケストラ』第15回定期演奏会開催 »