« センター南のcandleclubがスウィーツアウトレットに?『Outlet Factory』 | トップページ | 11/7(土)『都筑区制15周年記念式典』&『ローザ・つづきく花壇 完成式典』開催! »

2009年11月 3日 (火)

念願のお菓子屋さん『ひなた洋菓子店』におでかけ

ぷりんせすのレポートです。

E001_2

※東林間へ移転のため閉店しました!
以前から色々なところで紹介されていて、一度食べてみたいと心から思っていた『ひなた洋菓子店』さんのお菓子。
場所は町田市。といっても街中ではなく、駅からバスで20分ほどかかる、
本当にのどかな住宅地の一角にひっそりと佇む古い民家で営業されています。看板も小さくてまるでかくれんぼでもしているかのような、本当に素敵な小さいお店なんですの。
周りの民家の方の迷惑になるとのことで店内写真はNGなのですが、一般の平屋の民家の裏手にその入り口があります。こういうところが本当にかくれんぼしているようなのです。決してお洒落な民家とかではなく、本当に一般の民家ですわ。
裏手に回るとガラスの引き戸がある縁側があり、そこが入り口です。
靴を脱いで、ガラス戸を開けるとやさしい笑顔の店主の女性がいらっしゃいます。

E002 店内は店主の方の趣味の良さが出ている素敵なインテリアでまとめられ、出されているお菓子と一緒で、妥協を許さない雰囲気がありましたわ。
気に入った家具を並べ、ガラスから日差しの差し込む素敵な店内の中央には大きめの1枚板のテーブルがあり、そこにパウンドケーキ、タルト、チーズケーキバー、焼き菓子、クッキーなどが並んでいますの。
こちらのスコーンやタルトは絶品だという話を聴いていたので楽しみにしていたのですが、さすが人気店、お昼過ぎの時点でもう完売でしたわ。
残念でしたが、悔やんでいても仕方がありませんので、オレンジとローズマリーのパウンドケーキ1300円とキャラメルプルーンのケーキ230円、ブラウニー280円、動物クッキー180円(すべて税抜)を購入。
こちらの素材はいただいたパンフレットによると、北海道産小麦、奄美諸島産きび砂糖、よつば無塩バター、ヨロン島の天然塩、アルミニウムフリーのベーキングパウダーだそう。どれも体に優しい素材だそうですわ。

早速お城に戻って試食タイム
一口口に入れて驚いたのがスパイスやハーブの香りがしっかりと入っていること。
普通洋菓子は食べるとどちらかというと卵やバター、お砂糖のお味が強く口に残るのですが、こちらのは素材は本当に素材としてひっそりとしていて、付随している果物やソース、スパイスなどがとても生きているのです。
お酒の味もしますし、大人のお菓子といった雰囲気でしたわ。

お店を出るときに頂いた丁寧なパンフレットにはパウンドケーキ、チーズケーキバー、クッキーなど種類に応じた保存法と消費期限が書かれていて、それぞれのお菓子を一番おいしい状態で食べていただきたいという店主の方の気持ちが伝わるようでしたわ。
今度は絶対にスコーンと季節のタルトを頂きたいと強く思いました。

ひなた焼菓子店
東京都町田市常盤町3596-5
電話:042-797-9535
営業時間:11:00~18:00(ただし売り切れ次第閉店)
定休日:日月火曜日・第2土曜日 
(長期休、不定休有り)

|

« センター南のcandleclubがスウィーツアウトレットに?『Outlet Factory』 | トップページ | 11/7(土)『都筑区制15周年記念式典』&『ローザ・つづきく花壇 完成式典』開催! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/46672105

この記事へのトラックバック一覧です: 念願のお菓子屋さん『ひなた洋菓子店』におでかけ:

« センター南のcandleclubがスウィーツアウトレットに?『Outlet Factory』 | トップページ | 11/7(土)『都筑区制15周年記念式典』&『ローザ・つづきく花壇 完成式典』開催! »