« 文化庁平成22年度芸術拠点形成事業『オルガン・1ドルコンサート』開催予定 | トップページ | 1/29(土)、30(日)『横浜市歴史博物館感謝デー』開催 »

2011年1月23日 (日)

『千の串』で家庭の味の定食を食べる

デビルンのレポートです。

T100316a 「都筑ふれあいの丘」駅から割と近い大丸のあたりは、小さめの飲食店が揃ってる場所で、車移動してる時に結構目についてはいつか行こうと思うとこなんだよね。
ここ『千の串』もそのひとつ。去年、市が尾の花こまちというお店が移転してここになってオープンしたんだけど、夜は飲み屋でもあり、串焼きから家庭料理まで食べられるくつろげる家みたいな店だ。
沖縄料理まであるんだから驚きだよね。

T100316b初めて行った時、昼は4種類ほどのランチが出ていて、小鉢や味噌汁付きで900円。今はもっとメニューが増えてるけどね。
この日のはミックスフライ、が天ぷら定食、がしょうが焼き定食。麺のランチがみにねぎとろ丼かみにしらすいくら丼とにそばまたはみにうどん付きだった。おいらはぷら定食、連れはしょうが焼き定食を選ぶ。

店内はなんと満員。サラリーマンから主婦まで本当に一杯でおどろいた。
店員さんはみんな女性でそれも意外だったね。

店内は広めで個室になった部屋に3つテーブルが置かれていたり、大きな一枚板のテーブルがあったりとバラエティ豊か。
サラリーマンの団体は慣れた感じで常連さんのようだった。
客は多いけど、店員さんは慣れた手つきで次々と定食をセットしていって、それほど待つこともなく運ばれてきた。
運ばれてきた定食のお盆ごはん(男女茶碗の大きさがちゃんと違う)、みそしる、サラダ、冷奴、お新香、そしてメインの料理が乗っていてボリュームたっぷり。天ぷらはえびが2本、なす、たまねぎ、ししとう、サツマイモ、イカが乗っていた。もちろん大根おろしもたっぷり。家庭の天ぷらといった感じだったよ。
連れのしょうが焼き肉は大きめで付け合せにキャベツも乗っててたっぷりだった。味は濃い目だったそうだけどね。
でもこの後にちゃんとコーヒーをサービスしてくれて、中々いい感じだったよ。
分煙されていないようだったので、ちょっとそれが気になる人は嫌かもしれないが、個室風になっているところを閉めれば問題もなさそうだ。
ぜひ一度食いに行ってみてくれよな。

『千の串』
横浜市都筑区大丸4-27グランメール21 1F
電話:045-943-0070
営業時間:平日ランチ11:30~14:30
17:30~1:00
定休日:日祝日
駐車場:裏に有

|

« 文化庁平成22年度芸術拠点形成事業『オルガン・1ドルコンサート』開催予定 | トップページ | 1/29(土)、30(日)『横浜市歴史博物館感謝デー』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/50575319

この記事へのトラックバック一覧です: 『千の串』で家庭の味の定食を食べる:

« 文化庁平成22年度芸術拠点形成事業『オルガン・1ドルコンサート』開催予定 | トップページ | 1/29(土)、30(日)『横浜市歴史博物館感謝デー』開催 »