« 都筑区データベース | トップページ | 10/8(土)『第6回 You&Iコンサート』開催 »

2016年9月26日 (月)

9/30(金)~10/2(日)『2016 ヨコハマフローティングヨットショー』開催

デビルンのレポートです。

T160926a 秋の長雨が続いてるけど、そろそろ秋のイベントも始まって来てるよな。
横浜ベイサイドマリーナでは、ヨットが本来あるべき姿「海に浮かんだ状態」で展示される日本初のヨットショーとして始まった『ヨコハマフローティングヨットショー』
が今年も開催されるよ。
21回目を迎える今回も日本で販売されている国内外の秀逸なヨットが展示され、見応えも十分。海上展示のみならず、陸上展示もあり、セールや艤装品、マリンウエア、各種サービスのブースも登場するよ。
そしてヨットオーナー必見のセミナーも各種開催されるよ。
入場無料でプレゼントもあり。近辺のアウトレットやレストランなどに遊びに来たついでに見るのもよし。
ぜひ一度素晴らしいヨットの数々を見に出かけてみてくれよな。

【『2016 ヨコハマフローティングヨットショー』概要】

日時:2016年9月30日(金)~10月2日(日)10:00~17:00※9/30の陸上ブースは12:00~
場所:横浜ベイサイドマリーナ
横浜市金沢区白帆1番地
(交通)
金沢シーサイドライン・鳥浜駅より徒歩5分  

入場無料
プレゼント1
ショー会場でアンケートに答えていただいた方に、スマホ&携帯電話 防滴ケースを差し上げます。
※品切れの場合はご容赦ください。
プレゼント2
有名ブランド・マリングッズを来場者の方に抽選で差し上げます!

●体験乗船&セミナー
◎ハンザディンギー体験乗船
誰でも簡単に乗れる小型ヨットに体験試乗
日時:
10月1日(土)11:00~11:30、11:30~12:00、13:30~14:00、14:00~14:30
10月2日(日)11:00~11:30、11:30~12:00、13:30~14:00、14:00~14:30
参加費:無料
受付場所:イーストハウス側桟橋上の受付テント 
予約不要(先着順受付。定員に達し次第、受付終了)
服装:動きやすく、多少濡れてもいい服。ライフジャケットはお貸しします。
※雨天や強風時には中止することもあります。ご了承ください。
◎ISPAクルーザースクール 体験セーリング※事前予約
インストラクターとともに「デヘラー32」に体験乗船
実施日時:
A : 9月30日(金) 09:30~12:00
B : 9月30日(金) 13:30~16:00
C : 10月1日(土) 09:30~12:00
D : 10月1日(土) 13:30~16:00
E : 10月2日(日) 09:30~12:00
F : 10月2日(日) 13:30~16:00
乗船時間:約150分
乗船人数:参加者7人まで+インストラクター
参加費:1人5,400円(税込)、12歳以下3,240円/お支払いは当日受付にて
子どもの参加:12歳以下の乗船は保護者の同伴が必要です。未就学児童はご遠慮ください。
予約:下記の連絡先に事前に申し込み/定員に達し次第締め切り。
電話→045-776-7594 
メール→kono@ybmarina.com
服装:動きやすく、多少濡れてもいい服。靴はデッキシューズや運動靴(サンダルは不可)。天候に応じてウインドブレーカー、帽子、サングラスなどを各自用意してください。ライフジャケットはお貸しします
当日の受付場所:ヨットショー総合案内の隣「横浜ベイサイドマリーナ」テント
※雨天や強風時には中止することもあります。ご了承ください
◎ヤマハボート免許教室 実技試験体験※事前予約
免許を持っていなくても「操船を体験」できる
実施日時:10月1日(土)10:00~16:00(5回程度実施予定)、10月2日(日)10:00~16:00(5回程度実施予定)
乗船時間:約45分(出入港含む)
乗船人数:参加者各艇3人まで+インストラクター※3艇準備予定
参加費無料
予約:下記の連絡先に申し込み※先着順
ヤマハボート 東日本ソフト課 免許担当:山田
電話→045-770-5850 
メール→yamadanorit@yamaha-motor.co.jp
当日受付:予約の入っていない時間については、当日、先着順で受け付け
当日の受付場所:ヨットショー陸上出展エリア「ヤマハ発動機」テント
※雨天や強風時には、プログラムの内容変更または中止することもあります。ご了承ください
※乗船は、免許取得可能年齢層の16歳以上に限らせていただきます。

●セミナー※事前予約
◎ライフジャケット最新事情
万一のときに命を守るライフジャケット。2017年には着用が義務化されるという動きもある。そんな最新の情報をお伝えするとともに、いま国内で入手できるライフジャケットの大半を集めて、それぞれの特徴を検証。外洋ヨットで選ぶべきライジャケについて、経験豊富なセーラーが解説する。
講師:高槻和宏氏
10月1日(土)11:00~12:00
◎Captainヤマコーの日本一周クルージング
カタマラン(ラグーン380)による初めて日本一周クルージングを実践した〈カーラ〉のキャプテンが、その航海の苦楽を語る。カタマランの長所・短所、寄港先に艇を預けて地元に戻りながらの航海、夫婦2人+時には知人を乗せてのスタイルなど、日本沿岸クルージングに興味のある方には聞きどころが満載。
講師:山田幸一氏
10月1日(土) 14:00~15:00 定員30人
◎世界一周ヨット★便乗記「記事で書けないこと、話します! 編」
『Kazi』に連載された「世界一周ヨット★便乗記」は、7年かけて世界一周中の〈クロウズネスト7〉(ホールベルグラッシー46)の航海に“ところどころ乗船”している芳地直美さんのレポート。その海旅の様子を、豊富な写真と楽しいエピソードを交えて紹介する。
講師:芳地直美氏
10月2日(日) 11:00~12:00 定員30人
◎事故例から学ぶ、外洋ヨットのあるべき姿
日本を代表するヨットデザイナー、林賢之輔氏が、その豊富な経験を元に、安全に航海を楽しむための外洋ヨットの条件を解説する。残念な事故も含む過去の事例を検証するほか、氏が設計した数々のヨットに込められた設計思想などを知るのも興味深い。
講師:林賢之輔氏
10月2日(日) 14:00~15:00 定員30人
申込み:
1.HPのお申し込みフォームで送信
2.PDF版お申し込み用紙をFAXまたは郵送
フォーム→http://www.kazi.co.jp/yachtshow/postmail/postmail.html
PDF版→http://www.kazi.co.jp/yachtshow/img/seminar/appform.pdf
FAX番号: 03-3434-2640
住所:〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-17ストークベル浜松町 (株)舵社 ヨコハマフローティングヨットショー事務局 宛
※いずれのセミナーも申し込み順の定員制です。定員に達し次第、受け付けを締め切らせていただきます。
※定員に達した場合、その旨表記しますが、表記までにタイムラグが生じますことをご了承ください。お申し込みが成立したかどうかについては、事務局からの返信メールでお知らせします。
※お送りいただいた個人情報は当セミナーの運営以外の目的には利用いたしません。

問合せ電話:03-3434-5181
●ライブ
10/2(日)
◎ウクレレバンド「BaoBaBu」ライブ
「BaoBaBu」は、ハンドメイドウクレレを製作する職人であり、 またウクレレ教室「ukulele studio七里ヶ浜」を主宰する三井達也氏が率いるバンド。 湘南の海を見下ろす鎌倉・七里ヶ浜にある三井氏のアトリエで作られるウクレレは、素材、デザイン、 音色ともセンスのよさが光る逸品で、愛好者もたくさんいます。 そんな三井氏のアトリエ&教室に集まる音楽好きのメンバーで構成されたのが「BaoBaBu」。 ハワイアンはもちろん、ときにはスタンダードナンバーなども交えながら、 初秋のマリーナで心地よいウクレレサウンドを聞かせてくれます。
時間:1.11:30~12:00、2.13:30~14:00
場所:横浜ベイサイドマリーナ・センターハウス前(屋外)
参加費:無料
※悪天候の場合は演奏を中止させていただきます
●海上展示
◎アクティブマリン
フランスの老舗ビルダー、デュフォー。ベテランからニューカマーまでを魅了する、トラディショナルな味わいと最新の技術を融合させたデザインが特徴です。クルージングシリーズの「グランドラージ」(31~56ftの7艇種)から2モデルが出展されます。
デュフォー350グランドラージ、デュフォー410グランドラージ
◎イチ・サン・ゴ・イースト
長い歴史を誇るドイツのデヘラーからは、モダンなデザインを取り入れた「32」を。 デンマークのXヨットからは、クルージングラインの「Xc 35」を出展。欧州で高い評価を得ているクルーザーの真価を、ご自分の目で確かめてください。
デヘラー32、XC35
◎ウインクレル
近代的なセーリングクルーザーのスタイルを確立してきたビルダーが、ドイツのハンゼです。「315」から「675」まで8モデルあるラインナップのなかから「315」と「345」を出展。進化したクルージングヨットの姿がそこにあります。
ハンゼ315、ハンゼ345
◎エースマリン
アメリカのハンターは居住性に優れたクルージングヨットを得意とするビルダー。洗練されたデザイン、使い勝手に優れたレイアウトなどに、ハンターらしいバランスのよさが表れています。今回は日本市場にマッチした「31」と「37」を出展します。
ハンター31、ハンター37
◎岡崎造船
純国産ヨットビルダーとして磐石の地位を確保している岡崎造船。奇をてらうことなく、日本の海を快適かつ安全に楽しめる質の高いヨットを造り続けています。今回は30ftクラスの集大成「30C」とロングセラー「33デッキサルーン」を出展します。
オカザキ30C、オカザキ33デッキサルーン
◎オカザキヨット
ヨーロッパを中心にユーザーを増やしているポーランドのデルフィアヨットからは、オーソドックスなデザインで好評の「31」を。またモーターセーラーの代名詞ともいえるフィンランドのナウティキャットからは「10.56」を出展します。
デルフィア31、ナウティキャット10.56
◎オデッセイマリーン
フランスのジャノー社の主力シリーズ「サンオデッセイ」は、完成度の高いクルージングヨットとして高い評価を受けています。今回はそのラインナップ(33~51ftの7艇種)から「349」と「409」の2モデルを出展します。
ジャノー・サンオデッセイ349、ジャノー・サンオデッセイ409
◎シティマリーナヴェラシス
トラディショナルなデザインと最新の技術を融合したクルージングヨットをラインナップしているアメリカのタータンからは「3400」と「4000」が出展されます。高い帆走性能と造りのよさを誇るプレミアムヨットには、本物だけが持つテイストが溢れています。
タータン4000、タータン3400
◎トップセイルスアンドカンパニー
ドイツの老舗ブランド、バヴァリアからは、先進的なデザインを取り入れたクルージング艇「ビジョン42」を出展。優れた機能性と工業国ドイツが誇る品質で、走りから居住性まで、高いレベルで満足を与えてくれる1艇です。
バヴァリア・ビジョン42
◎ファーストマリーン
最大級のビルダーとして、セーリングクルーザーの世界を常にリードしてきたフランスのベネトウ。そのクルージングライン「オセアニス」から「41.1」と「45」を、そしてカタマランの「ラグーン」から「450」を出展します。
ベネトウ・オセアニス41.1、ベネトウ・オセアニス45、ラグーン450
●陸上展示
◎舵社
◎カズ・マリンプロダクツ
◎ギル・ジャパン
◎せとうちSEAPLANES
◎船舶事故ハザードマップ(運輸安全委員会)
◎2XU(ツータイムズユー)
◎新居浜マリーナ
◎日本オーデェイ
◎日本海洋レジャー安全・振興協会
◎日本船舶職員養成協会関東
◎フッド セイルメイカース ジャパン
◎ブロンド
◎マリンボックス100
◎ムストー・ジャパン
◎ヤマハ発動機 東日本営業所 東日本ソフト課

主催:ヨコハマフローティングヨットショー実行委員会 (ヨット業界有志各社)
後援:横浜ベイサイドマリーナ(株)、(公社)関東小型船安全協会、(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会、(一社)日本マリン事業協会、(公財)日本セーリング連盟、横浜市港湾局、(公財)横浜観光コンベンション・ビューロー、(株)舵社
事務局:(株)舵社
問合せ:舵社内 ヨコハマフローティングヨットショー事務局(電話:03-3434-5181)
※ショー期間中の問合せ電話:090-1409-8726

|

« 都筑区データベース | トップページ | 10/8(土)『第6回 You&Iコンサート』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/64246066

この記事へのトラックバック一覧です: 9/30(金)~10/2(日)『2016 ヨコハマフローティングヨットショー』開催:

« 都筑区データベース | トップページ | 10/8(土)『第6回 You&Iコンサート』開催 »