« 2017『よこはまのどうぶつえんでバレンタインを楽しもう!』開催 | トップページ | 2/18(土)2017『つづき あいフォーラム』開催 »

2017年2月10日 (金)

2/11(土・祝)~3/5(日)『第43回三溪園観梅会』開催

セバスチャンのレポートです。

T170212a 2月も節分が終わると立春で暦の上では春なのでございますが、まだまだ寒さが続きそうでございますね。今年は特に天候が不順で暖かい冬かと思いきや、ドカ雪になったりと大変でございますね。
春待ちのこの時期、早春の訪れを告げる花といえば梅でございますね。
いよいよジモ横浜の三溪園さんでも『観梅会』が開催されますですよ。ハイ。
今年も例年より2~3週間早く見頃になるそうでございますので、イベントに合わせてぜひお早目にお出かけになってみてください。

【『第43回三溪園三溪園観梅会』開催概要】
期間:2017年2月11日(土・祝)~3月5日(日)
料金:入園料のみ
開園時間:9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)

★例年の梅の見頃★   
緑萼梅(りょくがくばい)2月上旬~中旬
(花弁をささえる萼が緑色の花で上海から贈られた)
臥竜梅(がりょうばい)2月下旬~3月上旬
(竜が地を這うような枝ぶりの古木)
白梅2月上旬~3月上旬(早咲き・中咲き・遅咲きのもの様々)
※全体の見頃は2月半ば~下旬頃。今年は例年より2~3週間ほど早くなる見込みです。
気候や天候によりますので、ご了承ください。

イベント:
●初音茶屋での麦湯無料接待
初音茶屋は芥川龍之介やインドの詩聖タゴールも訪れた場所。改変当初から使われてきた古釜を据えて、あたたかなお茶を提供します。
期間:観梅会期間中毎日
会場:初音茶屋
時間:10:00~15:30
料金:無料(入園料のみ)

●梅などの盆栽展

開催日:2月12日(日)~2月19日(日)
会場:中央広場
時間:9:00~16:00(最終日は15:30まで)
共催:横浜三溪園皐月会
料金:無料(入園料のみ)

●俳句大会
開催日:2月26日(日)受付10:30~、投句締め切り12:00まで、13:50頃~披講、入賞者へ表彰など(予定)
会場(受付):鶴翔閣
参加費:1000円(入園料別途)
共催:横浜俳話会

●猿まわし(太郎次郎一門)
開催日:2月11日(土・祝)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)、3月4日(土)
時間:10:00~16:30(休憩あり)※雨天中止
会場:中央広場
料金:無料(入園料のみ)

●お囃子(横濱本牧囃子連)

開催日:3月5日(日)
会場:中央広場または旧燈明寺本堂内
時間:11:00~12:00、14:00~15:00
料金:無料(入園料のみ)

※関連の催しは諸事情により予定を変更または中止する場合があります。

★開園110周年記念企画展「会所-三溪園の建物と花-エバレット・ブラウン湿板光画展」
写真家エバレット・ブラウン(Everett Kennedy Brown/1959-)は、日本の風景や伝統文化、伝統技術を古典技法で写し出した印象的な作品を発表しています。
幕末の日本で盛んであった「湿板光画」というその技法では、撮影に時間がかかり、その時々で唯一無二の作品が生み出されます。
三溪園で開催する第2弾のエバレット・ブラウン湿板光画展。前回2015年冬は、原三溪の世界観を深く考えた園内風景を捉えた作品を発表。今回は、三溪園を中世の文化サロンであった「会所」に見立て、いけばなを設えた古建築内部を中心とした作品15点を紹介します。
いけばなは、京都三千院を発祥とする梶井宮御流第二十一世家元一松斎藤原素朝氏(1971-)が建物にふさわしい季節の花を設えました。
会期:2016年12月20日(火)~2017年3月12日(日)
会場:三溪園記念館第3展示室※三溪園の入園料で鑑賞できます
◎梶井宮御流のいけばなの展示
会期:2月12日(日)~2月26日(日)
会場:三溪園内苑 臨春閣・第三屋※建物の外から鑑賞していただきます

★俳句展
年間を通じ園内の投句箱に寄せられた句や観梅会俳句大会での優秀作品を展示。著名俳人が三溪園で作った句もあわせて紹介します。
会期:2017年3月16日(木)~5月24日(水)
会場:三溪園記念館第3展示室

横浜三溪園

所在地:
神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1 
電話:045-621-0634
(交通)
電車:
根岸駅1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分 本牧下車・徒歩10分
横浜駅東口2番乗り場《市バス8系統 148系統》35分 三溪園入口下車・徒歩5分
桜木町駅2番乗り場《市バス8系統 148系統》約25分 三溪園入口下車・徒歩5分
《ぶらり三溪園BUS》(土・日曜日・祝日限定運行)約45分 三溪園下車
元町・中華街駅から 4番出口そば山下町バス停
《市バス8・148系統》約15分 三溪園入口下車・徒歩5分
※横浜発 横浜市営バス8系統および148系統のバスは、桜木町、山下町を経由して走ります。
※横浜発 横浜市営バス148系統のバスは、急行のため同じルートを走る8系統よりも所要時間が5分ほど短くなります
※ぶらり三溪園BUSは土・日曜日・祝日限定の運行です。8系統、148系統とルートが異なります。
※詳細は横浜市交通局ホームページをご覧ください。

駐車場:
9:00~17:00(有料)(開園時間にあわせて変更します)
乗用車(最初の2時間500円、以降30分毎100円、当日最大1000円)
バス(駐車時間に制限なく、1利用につき1000円)
※日をまたがっての駐車はできません。バスで来園の際はご予約をお勧めします。

開園時間:9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
休園日:12月29日、30日、31日

料金:入園料(大人(高校生以上)700円、こども(小学生・中学生)200円、横浜市内在住65歳以上200円(濱ともカードをご提示ください)
※20名以上から団体割引(各100円引)が適用。
学生は団体入園料金250円になります。
☆回数券
大人回数券1シート5枚綴り3000円
小人回数券1シート5枚綴り500円
☆年間パスポート※購入日から1年間有効で、何度でも入園できます
大人(高校生以上)1枚2500円
こども(小学生・中学生)1枚700円
横浜市内在住65歳以上(濱ともカードをご提示ください)1枚700円
☆前売券※購入日の翌日から利用できます
前売券1枚600円
☆以下の方は入園料金免除になります
*障害者手帳をお持ちの方(介護者として同伴者1名も無料になります)
※障害者手帳を受付にご提示ください。誤って入園券を購入した場合、観覧後の払い戻しはお断りさせていただきます。ご注意ください。
*教職員が学校行事で生徒を引率する場合、および、そのための下見
*毎月、第2、第4土曜日は、小学生、中学生、高校生の入園料が無料になります。

各種園内サービス:
*車いすの貸し出し(無料)、コインロッカー((小)100円(大)200円)
*ガイドボランティア((無料)活動時間午前10:00~12:00、13:00~15:30)
三溪園の見所をご案内します。団体でご希望の際は事前に事業課宛にご連絡ください。
*Wi-Fi(無料)
中央広場、三溪記念館ロビー等でご利用いいただけます。
諸注意:
・ペットを連れての園内入場は不可。
(必要とされる盲導犬、聴導犬を除く)
・タバコは所定の場所にて喫煙。
・園内の草木や生物を採取しないこと。(虫取り網などの持ち込みも禁止)
・内苑および旧矢箆原家住宅内での飲食不可。
・建物、庭園の使用、営業写真等の撮影は事前許可が必要。
・自転車、スケートボードなどの乗り入れ、持ち込み禁止。
・園外から持ち込んだ飲食物などは持ち帰りすること。園内の美化に協力すること。
・撮影、写生に際し、付近の方への気遣いを心がける。

問合せ:三溪園(電話:045-621-0634)

|

« 2017『よこはまのどうぶつえんでバレンタインを楽しもう!』開催 | トップページ | 2/18(土)2017『つづき あいフォーラム』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/64846139

この記事へのトラックバック一覧です: 2/11(土・祝)~3/5(日)『第43回三溪園観梅会』開催:

« 2017『よこはまのどうぶつえんでバレンタインを楽しもう!』開催 | トップページ | 2/18(土)2017『つづき あいフォーラム』開催 »